ドライブレコーダーを手軽に取り付けるならダッシュボードかな

   

最近は交通トラブルでドライブレコーダーが注目を集めていますね。

自分のためだけじゃなく、トラブルに巻き込まれた人のためにもなりますからね。

スマホをドライブレコーダー代わりに使ったりしてるけど、
取り付けたり取り外したりが面倒なんですよね。

そろそろドライブレコーダーを自分の車にも取り付けたい今日このごろです。

ドライブレコーダー 取り付け ダッシュボード

今はドライブレコーダーも沢山の種類がが発売されてるから悩むよね。

ミラー型なんてのはスッキリしてるけど取り付けが大変そう。
ルームミラーからシガーソケットまでの配線が長いからね。

手軽に取り付けれそうなのはダッシュボードかな。
シガーソケットが近いから配線も気にしなくて良さそうだし。

ダッシュボードに取り付けられてお値段も手頃なドライブレコーダーが良いかな。

コムテック hdr-102

楽天で人気NO.1のコムテック HDR-102

写真を見るとルームミラー横のフロントガラスに取り付ける用に見えるけど、ダッシュボードにも取り付けれるんだよね。
取り付け場所を選べるっていうのは嬉しいよね。
実際に取り付けて運転の邪魔にならない場所に取り付けられるからね。

コムテックのドライブレコーダーはいつも楽天のランキングの上位にランクインしてるから安心感があるね。
このショップだけでもレビュー数が200件を超えてるんだよ。
しかも総合評価が4.6以上だから満足している人が多いんだね。

大きさも手頃で、録画の画質も良さそうだよね。
日本製で常時録画ができるのが良いね。
自分の車に衝撃がなくても前方で起きた事故なんかが録画されてるからね。

セルスター csd-610fhr

セパレート型のドライブレコーダー

セルスターのcsd-610fhrはセパレートタイプでカメラが極小です。
これならダッシュボードに置いても邪魔になりにくいですね。

フロントガラスに取り付けても視界は良好ではないでしょうか。
ドライブレコーダー本体はダッシュボード周りの邪魔にならない場所ならどこでも取り付けられそうです。

カメラは極小だけど、SONYのExmor CMOSセンサーを搭載してるんだよね。
白飛びや黒つぶれを抑える技術も搭載で録画画質にこだわっている。

画質が良くないと万が一のときに役に立たないからね。

エンジンを停止いても最大で12時間録画ができるらしいから当て逃げ対策にもいいよね。
スーパーなんかの買い物の間に当て逃げされてることもあるからね。

車載シリコンホルダー

意外とダッシュボードに設置するドライブレコーダーがありませんね。

スマホをドライブレコーダー代わりにするとして、取り付けが簡単になればいいかな。

このホルダならシリコンパッドにくっつけるだけだから簡単そうだね。
取り外すのも楽そうだしね。
角度調整も簡単にできそうだから撮影したい角度に調整できるよね。

お値段もお手軽価格だから試しに使ってみてもいいかも。

タブレットでカーナビとして使うにも良さそう。

まとめ

今の時代はドライブレコーダーをつけていないと安心してドライブもできない。

手軽にドライブレコーダーを取り付けるならダッシュボードがいいかな。

でもダッシュボード型のドライブレコーダーはコムテックくらいしかないね。

ドライブレコーダーをつけて楽しいドライブを楽しみましょう!

楽天モーションウィジェット

 - 車・バイク用品